学校裏サイトの現状

学校裏サイトは全国で38,260件あり、このうち約2,000件について行なった書き込み内容の調査では、
「キモイ」「うざい」などの誹謗・中傷表現が50%のサイトに見られ、
「死ね」「消えろ」「殺す」などの暴力表現も27%のサイトに見られたとしている。

学校裏サイトを対象として、実際に書き込まれている内容の評価・分析を実施。
調査対象となった2,010サイトのうち、書き込み内容に「キモイ」「うざい」など
誹謗・中傷の32語が含まれていたサイトは全体の50%、性器の俗称などわいせつな12語が
含まれていたサイトは全体の37%、「死ね」「消えろ」「殺す」など暴力を誘発する20語が
含まれていたサイトは全体の27%に上ったという。

学校裏サイトで見たことのある書き込み内容(複数回答)は、「同じ学校の生徒のこと」が
54.5%で最も割合が高く、「同じ学校の生徒の悪口」が47.2%、
「クラブ・部活動のこと」が40.7%で続いている。

見たことのある書き込みで不適切に感じたものは、「同じ学校の生徒の悪口」が41.0%、
「暴言(乱暴な言葉)」が33.3%、「先生の悪口」が28.2%など。

学校裏サイトの利用で落ち込んだ経験については「特にない」という回答が83.9%と多いが、
「自分が落ち込んだことがある」(7.9%)、「友達が落ち込んだことがある」(9.3%)
という回答もそれぞれ1割弱見られる。

ネットによる誹謗中傷